STA-COでできること

STA-COでできること

「紙」から「データ化」の時代へ

「STA-CO」(スタコ/STACO)はクラウド型の勤怠管理システムで、 これまで通常は紙を使っていたタイムカード打刻および経費申請や日報の管理などを、 すべて「データ化』して保存し、インターネットを通じてどこからでもアクセスして記録や閲覧を可能にしています。

「STA-CO」(スタコ/STACO)を導入することで、以下のような業務効率化のメリットを生み出し、 人事総務関連の手間を減らせるよう改善できるでしょう。

1.パソコン入力作業の手間を減らせる ~紙に書かれたものをただパソコン入力するだけの作業をなくそう~
2.ペーパーレスにすることで保管場所もとらない ~約5年間も、使わない過去書類を保管しておくことの非効率さ~
3.過去のデータも探しやすい ~過去の全データを検索できることの便利さ~

1.「紙を見てパソコン入力するだけ」という手間を無くすべき

紙のタイムカードで打刻したものは、そのあと総務担当者が、勤務日数や遅刻早退欠勤などについて1枚1枚チェックしながら、 全員分をエクセルなどにまとめるような作業を行うことになるでしょう。
この「チェックしながらパソコンに記録」する作業は、毎月毎月多くの時間を要し、目に見えない大仕事とも言えます。

全員がきちんと出勤・退勤のタイムカードを打刻していれば良いですが、 忘れていたり、遅刻早退があったり、現場へ直行する日もあったり、休日出勤もあったり・・・
不明点があったら総務担当者のほうから社員に都度聞いて回ることも考えると、ますます手間は膨らむばかりです。

この余分な時間と手間を減らすためには、 打刻は紙ではなく直接データとして保存されて、パソコンの管理画面からいつでも閲覧できるような仕組みをつくることが望ましいでしょう。

さらにタイムカードだけでなく、経費申請や日報などもデータ管理化することで同様のメリットを生みます。 「STA-CO」(スタコ/STACO)は、それらをまとめてデータ管理できるクラウド型勤怠管理システムです。

2.ペーパーレスにすることで保管場所もとらない

打刻したタイムカードは、そのあと数年間は保管しておかなければなりません。
段ボールに入れ、もうほとんど使わない書類の山をずっと倉庫にしまっておくことになるでしょう。
保管場所にも費用がかかりますし、どうせならもっと有効にスペースを使いたいものです。

この無駄を省くためにも、 打刻は紙ではなく直接データとして保存されて、パソコンの管理画面からいつでも閲覧できるような仕組みが望ましいでしょう。

3.データ化されているから、過去の記録も探しやすい

タイムカードだけでなく、経費申請や休暇申請などもまだ紙ベースで行っている企業は多いでしょう。
申請書を作成するときにエクセルを使っているのに、それを紙に印刷して経理部に提出、その紙を見ながら経理部がまたエクセル入力している、 という企業もあります。

まるごとデータ管理し、必要なデータは検索でいつでも引っ張り出せる、そんな作業しやすい環境にしませんか。

STA-COと、類似製品との比較

類似製品との比較

選ばれているのは「バランス型」

「STA-CO」(スタコ/STACO)と同じように、スマホ等でタイムカード打刻ができるアプリは他にも多く存在しています。

手軽そうなものとして無料アプリも出ていますが、打刻だけはできても他の機能やサポート体制も無かったりと 「企業レベルで勤怠管理全般ができる」とは言えないものが多いような印象があります。

逆に数十万円もするような高額で高機能なパソコンの勤怠管理・経費管理ソフトはどうでしょうか。
たしかに様々な機能が組み込まれていて大企業向けと言えるソフトですが、複雑で難しく使わない機能も沢山あり、 機能を100%は使えていないのが現状ではないでしょうか。
むしろ余分な機能はない方が、必要コンテンツへのアクセスもしやすく、ユーザーとしては扱いやすいものです。

そこで、
「便利な機能だけを、低価格で使える」
「足りない機能は追加オプションで対応することもできる」
というバランスを意識して開発されたのがSTA-COです。
多くの一般的な企業の勤怠管理システムとして必要な、タイムカード打刻および勤務時間管理、出勤退勤の時間や場所の管理、経費申請、休暇申請 日報の記入と閲覧など、良く使うビジネスシステム一式が含まれています。
そのうえ金額は1人500円/月(税別)と、低価格なスマホアプリとほぼ同程度に抑えられており、 「低価格+高性能」を実現したことで、すべての中小企業にお薦めできるシステムと言えます。

出納管理で、お金の流れのミスや不正も防ぎましょう

出納管理
「STA-CO」(スタコ/STACO)は クラウド型勤怠管理システムの特長を活かし、現金出納帳としても使えます。

会社の金庫に入っているお金の動き、出入金記録、使用記録などをリアルタイムに記入し、 外出先からでも、お金の動きがあるとすぐに把握できるでしょう。
(銀行と連動しているわけではないので、入力は手動でしないといけません)

スマホでいつどこからでも数字を閲覧できることで、 不明瞭なお金の動きを抑え、ミスや不正を防ぎましょう。
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【打刻】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【マイページ】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【経費精算】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【勤怠管理】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【日報】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の基本機能【各種登録】
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)の上級機能
クラウド型勤怠管理システム「STA-CO」(スタコ/STACO)のオプションについて